• No : 1191
  • 公開日時 : 2018/08/24 15:19
  • 印刷

衣類のビーズ装飾について

回答

ビーズ等の衣類の装飾は、ファッションに華やかさや可憐さをあたえてくれる大切な素材のひとつです。
それぞれの特性をお楽しみいただき、適したお取り扱いにより長くご愛用ください。
 
【ビーズ】
糸通しのある小さな飾り玉。筒状、玉状のものや、ガラスやプラスチック素材等バリエーションはさまざま。
file_image
 
【スパンコール】
光を反射させるために使用する素材。穴のあいた金属や樹脂製の平たい小片。
中央に穴のあいた円形のものが一般的。
file_image
 
【ラインストーン】
表面の角度の違う多数の面によって、光を屈折させ、輝いているように見せた水晶やガラス、樹脂製の人工的な石の総称。
ラインストーンを固定している金属の型は、裏面が尖っているか、平らなものかの2タイプ。
 
裏側が尖ったタイプ:石をとめている爪が摩耗して弱くなったり、力が加わって変形してはずれることがあるので注意。
file_image
 
裏面が平らなタイプ:その中でも接着剤が塗布されたホットフィットもしくはホットフィックスと呼ばれるタイプは、着脱やお洗濯中の揉み作用ではがれる場合があるので取り扱いに注意。
file_image
 
【人工真珠(イミテーションパール)】
プラスチックやガラス玉、貝殻土台としてそのまわりをパールエッセンスで繰り返しコーティングすることで、真珠の風合いを人工的に作り出したビーズ。
ファッションで使用する人工真珠は、天然の真珠と比較すると軽量な物や大粒のものが一般的。お洋服がより華やかな印象に。
file_image
 
【お取り扱い方法】
・強い力が加わると破損したり、脱落したりする可能性がありますので、手洗いにて押し洗いするようにしましょう。
・変色や光沢の消失を防ぐため、お洗濯の際は漂白剤の使用は避け、洗剤はおしゃれ着洗い用洗剤のご使用をおすすめします。
・熱に弱いため、乾燥機はNG。アイロンを使用する際は熱の影響を受けないように十分ご注意ください。
・バリ(加工時に発生する突起)や爪の起き上がりとの接触により、デリケートな素材や目の粗い衣類等を引っかけたり、お肌を傷つけてしまうこともあるので、着用の際は十分にご注意ください。