• No : 711
  • 公開日時 : 2018/06/27 17:52
  • 更新日時 : 2018/08/06 13:49
  • 印刷

合成皮革のお取り扱いについて

回答

【合成皮革とは】
・天然のレザーの風合いに加工された素材です。
・天然のレザーに比べ、軽くて取り扱いが簡単なため、様々なところに用いられている素材です。
 
【デメリットはあるの?】
・ポリウレタン系の合成樹脂を使用しているものが多く、年月の経過とともに徐々に劣化します。一般に3年を目安に発生するといわれています。
・表面のコーティングがはがれたり、ひびわれが発生したり、べたつくことがあります。
 
【お手入れ方法】
・汚れが気になる場合は、乾拭きや、おしゃれ着用の中性洗剤を水で薄めてタオルにつけ、軽くたたくように拭くとよいでしょう。
・家庭洗濯やクリーニングができる製品も多いので、表示通りの洗い方で定期的にメンテナンスしましょう。
・クリーニングに出した製品は必ずビニール袋から出し、風通しのよいところで十分乾燥を行ってからご着用ください。
・クリーニング後、溶剤の臭いがする状態で着用すると、皮膚を刺激する恐れがあり、重篤な場合は化学火傷となる場合があります。
 
【長く着用するために】
・汗や皮脂が付いていると、その部分の劣化が進むことがあるため、汚れは落としてから保管するようにしてください。
・保管時はなるべく湿気を避け、風通しの良い場所に置いたり、保管場所は定期的に換気を行うとよいでしょう。
・熱や紫外線の影響でも劣化が促進する事もあります。日の当たる場所や温度が高い場所での保管も避けましょう。